ブランクナースが復職する為の勉強について

過去に看護師の方が、結婚、妊娠と出産を経て子育てが一段落し、また復帰したいと考えている方も少なくはないでしょう。そんな看護師をブランクナースという言い方をしています。ブランクナースは、復帰したいという思いは十分にありますが、長いあいだ職場を離れ、感覚も鈍っているのでそれが壁となり、不安な気持ちでいっぱいです。それらを克服する為の勉強方法について少しお話します。再就職の為には、まず何から手をつければよいのか思い出すのも時間がかかります。学生時代の教科書やノートが残っていれば見直すなどのことは出来ますが、実践形式での復習には、限りがあります。そこで強力な助っ人として、各都道府県のナースセンターや看護協会が主催している、ブランクナースの為の復職支援の研修会に積極的に参加し、勉強するのが良いでしょう。研修では、現役で活躍している医師、看護師が実習を取り入れ、知識や技術を指導していきます。また、現在は病院が主催の、院内で開催される勉強会や研修会があり、実践で必要な知識やスキルを身につける事ができるので、不安や悩みも解消され、ブランクナースが復帰しやすい環境を作っています。

マイナビ看護師にはブランクナースでも就職可能な案件があります

ブランクナースでもOKの看護師求人を効率良く見つけ出す方法でも話題になっている「マイナビ看護師」は日本最大級の看護師転職サービスです。厚生労働省認可の転職・就職支援サービスで、利用には一切費用がかかりません。名前や住所、希望の働き方など1分の入力登録を行うだけで、希望の求人情報をスピーディに紹介してもらうことができます。残業が少ない病院、年収の高い病院などの希望で絞り込むことも可能です。全国に対応しているので、働きたい地域から病院を探すこともできます。看護師の仕事を再開したいけれど、出産や子育てなどでブランクナースであることが心配だという方もたくさんいらっしゃることでしょう。「マイナビ看護師」にはブランクナースでも就職可能な案件があります。託児所のある病院を探すこともできますので、ブランクナースで就職が心配な方も、積極的に相談してみると良いでしょう。転職や就職に関する質問・お問い合わせについては、「マイナビ看護師」専用フリーダイヤルで看護師専任のキャリアコンサルタントが対応しています。細かい希望も伝えることができるので、看護師求人をお探しの方は一度電話してみてください。

パートの募集をおこなうナース求人について

ナース求人においては、正規職員以外にもパートとしての募集があります。正規の看護師の急な欠員や、医療機関の業務拡大に伴う増員などによって募集がかけられるものでもありますので、即戦力を必要としたナース求人になります。すなわち、正規の業務に従事することには変わりはなく、しっかりとした実務経験と能力が求められます。ただ、パートとしての勤務形態は、多少正規の看護師とのそれとは異なる面があり、時間的な制約などが存在することがありますが、患者の様態などに応じて、柔軟な対応が求められることもあります。ナース求人におけるパートの応募の場合、ブランクを抱えて待機していた元看護師からの場合もありますので、採用側としては、すぐに実務をこなせる人材かどうかを慎重に判断します。応募側としては、即実践をこなすことに自信が持てない場合などは、常に勉強に取り組んでおく必要があります。そして、患者を回復に導くサポート役としての自覚を復活させておきます。

看護師の人材におけるブランクと未経験の違い

何事も経験があるのと無いのとでは、結果に違いが生まれてきます。モノを作り出す作業なら精巧さ、接客業なら臨機応変な対応や業務遂行スピードに差が出やすいです。では、看護師の人材において、ブランクがある場合と未経験である場合とでは、そのような違いがあるのでしょうか。ブランクがある看護師は、現場を離れたとは言え業務知識が豊富です。看護師経験が長かった方であれば、業界の慣習にも精通しているかもしれません。一方で看護師未経験の人材は、新たな業務知識や慣習をスポンジのように吸収する可能性があります。凝り固まった固定観念を持っておらず、どんなことも素直に受け入れられるからです。未経験でもブランクがあっても、看護師として働く上ではどちらも強みがあります。経験者であれば現場復帰後に戦力となるまでの期間が短く、そうでなくとも一生懸命に学び続ける姿が職場に新たな風を吹き込み、スタッフ全員が刺激を受けることに繋がるからです。

看護師のお仕事〜ブランクが2年でも大丈夫?〜

看護師の資格を持っていたけれど、出産や子育てなどの理由により2年ほどブランクが出来てしまったので、きちんと職場に復職することが出来るかどうか不安だという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、一度は看護師さんとして働いていた経験があるのなら、数年のブランクぐらいで大きな変化があらわれることは、まず無いと言います。むしろ2年位のブランクであれば、一度現場を離れて子育てをしたという経験を新たに栄養として吸収し、より優しく細かな気配りの出来る、お母さんという立場を上手に活かして看護師の職場に復帰することが出来るのではないでしょうか。看護師という職業は、患者さんの求めているものを素早く察知してあげることが基本だとよく言われています。具合が悪い時には誰でも普段より心細くなるものですし、また体力も落ちていることが多いのでちょっとした動きなどが大変なこともあります。そのような空気をすぐに理解してあげられるのも、人生経験をしてきた看護師ならではのものなのかもしれません。

ブランクナースのお仕事探しは「ナースセンター」で

看護師の資格がありながら、結婚や育児のために退職したままである、いわゆるブランクナースは、全国に約55万人いると言われています。高齢化が進み、今後ますます医療従事者が必要とされる中、このようなブランクナースの現場復帰が大きく望まれます。しかし、長いブランクがある人は、再就職に不安を抱え、ためらっている人も多いようです。「ナースセンター」では、このようなブランクナースを対象とした、最新の知識・技術を学ぶ研修会を開催したり、臨床研修実施の病院紹介を行っています。「ナースセンター」は、平成4年に制定された「看護等の人材確保の促進に関する法律」に基づいて設立されました。各都道府県の看護協会が、都道府県知事の指定を受けて「ナースセンター」を運営しています。長いブランクがあり、再就職に不安を抱える人たちに自信を持って現場復帰をしてもらうことが狙いです。「ナースセンター」では、この他にも就職相談イベントや個別の相談等を行っています。まずは、お近くの「ナースセンター」にお問い合わせください。