何科に配属されても対応可能な看護師の復職の際の準備について

看護師が復職するにあたっては、何科に配属されても、十分に対応することが出来ることが望ましくもあります。もちろん、業務内容をある程度把握出来る、これまでに配属された経験のある科に採用してもらうことが、復職の際には、安心感があります。ただ、看護師の復職の募集がおこなわれる場合、必ずしも望んでいる科とは異なる部署に配属されることがあります。補充や欠員などは、どの科で発生するかわかりません。すなわち、希望の科に配属されても、暫くしてから、急遽、別の科に異動ということも十分にあり得ます。看護師としての仕事への復帰のためには、事前の準備を怠ってはなりません。ある程度の勘を取り戻し、看護師としての自覚を改めて認識する作業が必要になります。その中で、どのような科に配属されても、迅速に該当する科の仕事内容に馴染めるような、基礎を見直しておくことが大切になります。あくまで、患者を最優先に考えたとらえ方をおこなうことになります。