仕事をしていなかった看護師の復職支援について

看護師の資格を持っているにもかかわらず仕事をしていない人のことを潜在看護師といいます。現在は看護師が不足していることもあり、この潜在看護師に注目が集まっています。この仕事は男性でもなることが出来ますが、現在でもほとんどは女性です。そのため、結婚や出産を機会にして仕事から離れる人が非常に多いのです。その一方で、子育てが一段楽したことでまた仕事を行ってみたいという人もいます。しかし、実際に復職するとなると医療技術は日々進歩していることもあり、仕事についていくことが出来るのか不安に感じてしまい、復帰の一歩が踏み出せない人は多くいます。そのような人のために現在では多くの病院で、復職支援を行っています。復職支援の内容は看護技術を思い出すための研修や電子カルテの入力方法や操作方法に関する研修、現在の医療現場での安全衛生対策に関する研修などがあります。このような復職支援を上手に利用して少しずつ自信をつけて無理のない復職を目指しましょう。